seven senses

駄エッセイ…

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

服の通販

 最近は、パソコンや携帯から服を通販できて良いですね。  布団の中に入りながら携帯から通販を利用できる時代になるとは思いませんでした…。
 
グラマラスガーデン 

占い

  最近、占いが好きです。本格的な占いではなく無料占い。占い自体も信じているわけではありません。同じ条件でも、占いによって全く違う結果が出たりしますしね。

 では何が好きかというと、その占いの作り見るのが面白いというか、いろいろ文章を書いているのが面白いというか。よくできた、それらしい占いもあれば、いかにも適当な占いもあります。

 自分でも、何か占いを作ろうかなんて考えています(笑)。

いやー…

  1年以上放置してしまいました…(汗)。

久々です

 久々に投稿しようと思ったら、なんと前回投稿から約1年が経過…。早いです。

 歳を取ると月日の経過が早いと言いますが、ホントですね。特に、テレビのレギュラー番組を見ていると「もう1週間??」なんて思ってしまいます。

 ただ、最近は金欠なので、給料日となると「まだ半月もあるのか…」という感じなのですが。

【PR】 レスポ ショップ シャネル ショップ フェラガモ ショップ

 
 

ドコモの新割引

 NTTドコモが新割引の受付を開始しましたね。「家族みんないきなり基本使用料が半額」という「ファミ割MAX」、「ひとりでもいきなり基本使用料が半額」という「ひとりでも割」。2年間契約するという条件付ですが、ほとんどのケースで携帯電話の基本料金が半額ということになりそうです。嬉しいは嬉しいのですが…。
 
 ただ、これも携帯電話界にソフトバンクが加わり、競争が起きたからこそ。今までの基本料金が高過ぎだったんじゃないかという気がします。通話料金も高いので、こちらも何とかして欲しいところ。

 ともかくネットから申し込もうとNTTドコモの「マイドコモ」を見に行きましたがつながらない…。新割引への申し込みが殺到し、ページが開かない状態。仕方なくその場は諦め、夜中の回線が空いている時に申し込みをしました。

 競争が起きたからこそ実現した新割引サービス。ただ、将来的にGoogleが通話料無料の携帯を出そうとしているなんて話もネットで見ました。現実化されるとしても先の話でしょうが、本当なら凄いですよね。もっとも、現実化したとして、これが日本に導入されるかどうかは微妙かもしれません。NTTをはじめとした各社が、必死で参入を阻止するでしょうからね。

 それでも、インターネット無料通話の「skype」ができたり、ネットの世界でもコンセントからの接続が可能になったり、サービスの無料化・多様化が進んでいるようです。携帯電話の料金も、基本料含め2、3千円で掛け放題なんて日が案外近いのかもしれません。

ラニーニャ現象と猛暑

 いやー、今年の夏は暑いですね。ようやく下り坂にはなってきましたが、猛暑というより酷暑。毎日汗だくです…。

 そう言えば、今年前半の予報で「ラニーニャ現象になる」という言葉をよく聞きましたが、この猛暑、どうやらそのラニーニャ現象が関わっているようです。
 
 ラニーニャ現象というのは、よく聞く「エルニーニョ現象」の反対にあたる現象。エルニーニョは「男の子」という意味ですが、ラニーニャは「女の子」。南米エクアドルからペルー沿岸にかけての海水温が上昇するのをエルニーニョ現象、反対に海水温が下がるのをラニーニャ現象と言うそうです。

 このエルニーニョ現象・ラニーニャ現象は、日本を含めた世界的な気象に影響を及ぼすことからニュースでもよく耳にしますが、ラニーニャになると日本の夏は猛暑や渇水になると言われています。そういう意味からすれば、今年の夏は「傾向通り」だったのかもしれません。

 ちなみに、夏が猛暑だと冬は寒いケースが多いようですが、ラニーニャ現象があったとき、日本の冬は寒くて大雪が降りやすいとされています。今は暑くて冬場のことは想像できませんが、傾向通りなら「寒い冬」ということになるかもしれませんね。暑いのも苦手ですが寒いのも苦手。四季があるのは良いですが、あまり極端なのも困りものです…。

 私の家では冬場の暖房に灯油を使うことが多いのですが、先日ガソリンスタンドへ行ったところ灯油の高さを見てビックリしてしまいました。原油高ですから仕方のないところですが、冬までには灯油価格も落ち着いてくれれば…、と思います。

魚肉ソーセージでダイエット?

 最近、魚肉ソーセージが話題ですね。牛肉や豚肉ではなく魚肉ですからカロリーは半分程度ですし、含有されるDHA(ドコサヘキサエン酸)は血液中の中性脂肪を下げる効果があるとされ、ダイエットに効果的とも言われています。

 魚肉ソーセージというのは、そのまま食べても美味しいのでたまに買って冷蔵庫に入れておいたりしますが、料理にもいろいろと使えます。レシピというほどの内容ではありませんが、魚肉ソーセージの「手抜き料理」をいくつかご紹介しましょう。

 まずは炒め物。魚肉ソーセージをナナメに薄く切り、軽く油で炒めます(そのまま食べられますので後から入れてもよいのですが、最初に軽く炒めておくと風味が出ます)。その後、キャベツでもモヤシでもピーマンでもお好みで入れれば完成…。

 炒め物を作る際は、野菜を軽く湯通しすると水っぽくならなくて良いのですが、面倒な場合はそのままでも構いません。私の場合、キャベツも細く切って入れてしまいます(1〜2センチ幅くらいにザクザク切って入れます)。キャベツ・ピーマンの細切りやモヤシなど、炒める素材を細めに揃えておくと早くできるし食べやすいかもしれません。また、個人的にオススメなのが「タマネギ」。お好みですが、これを入れると格段に風味が良くなります。炒め物ですから、みじん切りではなく縦の輪切り。炒めているうちにこちらも細くほぐれてきます。

 魚肉ソーセージ自体に味があるので、味付けはやや薄めでOK。私は、塩、コショウと風味付けの醤油少量だけです。また、カレー粉を少し加えてカレー味にするとまた別の味わいに。小さな缶に入っているカレー粉というのは、手離せない調味料ですね。ちょっと加えるだけで、いつも作っている料理にアクセントを加えることができます。いずれにしても、この「魚肉ソーセージ入り野菜炒め」は、炒め物でボリュームがあるにもかかわらず案外ローカロリーのおかずです。

 魚肉ソーセージを使った料理として、もう一つよく作るのがサラダ。魚肉ソーセージは加熱せずともそのまま食べられますから、肉のように茹でたり焼いたりせずそのまま使えるのが便利ですね。切って入れれば良いだけですし、魚肉ソーセージは大抵どんなサラダにも合いますよ。たくさん入れれば美味しいですが、私はちょっとだけ入れるようにしています。

 魚肉ソーセージ料理を作る場合、あまり難しく考えずに「肉の代わりに入れる」と置き換えれば次々アイデアが出てくると思います。ベーコンエッグのベーコンの代わりであるとか、チャーハンの具であるとか…。素材としての使い方はいろいろありそうですし、肉を魚肉にするわけですから、これだけでもダイエット効果は期待できそうです。

頭皮の臭い

 歳をとると「加齢臭」というのが気になってきますよね。と書いている私もそろそろ(十分?)オッサン。布団に入っていると、かすかな加齢臭に青ざめます…。

 歳をとらない人間はいませんからそれは仕方のないことなのかもしれませんが、自分でも一ヶ所だけ気になるニオイがあります。それは「頭皮の臭い」。どうも、頭から嫌な臭いが漂ってくるのです。

 もちろん、毎日お風呂には入っていて髪の毛も洗っているのですが、しばらくするとだんだん臭ってきます(涙)。

 ただ、頭皮は脂っぽいので、その脂が酸化してこういう臭いになってしまうのかな? とも思っています。調べたところ、頭皮自体が原因ならば「フケ」が関わっているらしいですが、特に湿った感じのフケは要注意のようです。

 私はあまりフケ症ではないようですが、いずれにしても動物性脂質を摂取する肉食中心の食生活やストレス、睡眠不足、アルコールなどが良くない模様。動物性の脂肪は太り過ぎの原因にもなりますし、30代を超えたら要注意ですね。

 頭皮の臭い対策ですが、育毛剤にはアルコール(エタノール)が入っていますので、こういったものを定期的に使用する(臭いがしてきたらつける)のも良いようです。育毛剤ですから育毛効果もありますし、消毒(殺菌)作用もあって臭いの元をある程度抑えられる気がします(ただし、使用する頻度や量は使用法をよくご覧下さい)。

 育毛剤にはいろいろ値段や種類がありますので、使ってみて臭いに効果のあるものを選ぶと良いでしょう。育毛というより頭皮の臭い対策だけなら、とりあえず安いものでも十分だと思います。私は無香料のものを使っていますが、頭皮の臭いがどうしても気になる方は微香タイプの育毛剤を使うのも良いでしょう。

レタスの手抜きレシピ…

 生で食べる機会の多いレタスですが、最近は火を加えて調理される機会が増えてきました。

 私もここのところレタスは火を加えて料理することが多いのですが、生の時とちょっと味わいが異なる感じで美味しいです。そこで、「おかずの足し」…、になるかどうかわかりませんが、レタスの手抜きレシピをご紹介しましょう。と言っても本当に「手抜き」。素材は基本的にレタスのみ。包丁も使わないという「一品足りないとき用の手抜き料理」です。

 最初は「レタスのおひたし」。生のレタスをそのままお皿に盛られても「おかず」という感じにはなりませんが、おひたしなら「一品」に変わります。レタスを1枚ずつ剥いたら、そのままか食べやすいサイズにちぎってゆでます。元々生で食べられる食材ですので、すぐに火が通りますが、お湯を切って盛り付ければ終了。基本的にはこれだけです…。

 おひたしですので食べるときに味を加えることになりますが、オススメは「麺つゆ」。ダシが入って旨みがありますので、そのままかければ完成です(ただし、塩分が強いのでドバッと掛けないようにして下さい)。

 勿論、醤油でもいいのですが、「醤油」でも「麺つゆ」でも、おひたしにスリゴマをかけると胡麻のかすかな油分とコクが加わって美味しくなります(鰹節などでも良いでしょう)。いずれにしても何かまぶされていると、麺つゆや醤油が絡んで少量でも味がつきやすくなります。

 もう一つは「レタスの炒め物」。他に何か具材を入れても良いのですが、水分が出ますし「超手抜料理」としてはレタスだけの具材で何とかしたいところ(笑)。こちらも簡単。フライパンに少量のサラダ油を入れ、適当にちぎったレタスを入れて炒めます。後は、醤油と味の素。しんなりしたら終了…。 

 レシピや料理などというと怒られそうですが(汗)、「こんなので美味しいの?」とお思いの方。是非一度試してみて下さい。レタスというのは火が加わると味が変わるというか、ちょっと美味しくなる気がします。何の工夫もないようですが、「レタスのおひたし」では、麺つゆやスリゴマ・鰹節によって、「レタスの炒め物」では油分によって「旨み」が加わっているのです。

 熱と旨みが加わることで、普段は添え物のレタスも十分「おかず」や「酒の肴」になりますよ。

関数電卓の思い出

 先日、掃除をしていたら関数電卓が出てきました。

 ご存じの方も多いでしょうが、関数電卓というのは三角関数などの数値が予め入力されている高機能電卓です。ボタンがたくさんついている、いかにも使い方の難しそうな電卓…。

 この関数電卓を買ったのは、確か中学生の頃です。なぜ買ったのかといえば、数学の勉強に関数電卓が必要だったからではありません。ただただ、ボタンがたくさんついているのが格好良かったからです(笑)。

 この頃私は、昔ながらのブ厚い電卓を使っていました。見た目もややゴツ目で、デザインやボタンも洗練されていない、いかにも昔の電卓といった感じでした。確か、安売りで980円だった気がしますが、それでも当時はまずまず安い値段だった気がします。使用する電池も四角い箱型のものでしたが、今は100円ショップの電卓でもオシャレというか薄型のものがありますね。

 そんなイケてない電卓を使っていたせいもあって、見栄えのする関数電卓が何となく欲しかったのです。ただ、関数電卓というのはチョット高い。中学生ですからあまりお金はなかったですし、売られている場所も案外なかったため秋葉原のガード下にある安いお店で買った記憶があります(電車賃を考えると高くついたとは思いますが…)。

 で、この関数電卓。結局ほとんど使われることはありませんでした。元々私は数学は苦手な上、文系に行ってしまいましたのでその後も使われることはなかったのです。

 見栄えだけで買ってしまった電卓ですが、私には普通の電卓で十分だったようです。
Check